ラーメン 八卦 メニュー紹介

とんこつ(久留米ラーメン) 700円 ※紅生姜は卓上にあり
九州とんこつラーメンの発祥の地が久留米市であることをご存知でしょうか?
我々がよく口にするとんこつラーメンと言えば、豚のゲン骨(ひざの骨)をメインに強火で何時間も強火で煮込み、白く濁った白湯スープを想像するが、豚骨スープの元祖、久留米では豚の頭をメインに背骨も入れて炊くのが昔からの製法だと言う。
こちらのお店では寸胴に2頭分の豚頭、背骨5sを入れ、さらに鶏スープに使用した、鶏の頭を5kg、合計15kgにも及ぶ骨を入れて、3日間以上煮込んで仕上げた白湯スープが最大の特徴です。
まさにその見た目は濃厚であるが、スープを口にすると、かつてない味わい深さと、意外にもあっさりとした喉越しに驚きを感じる仕上がりぶりに脱帽。
豚チャーシューは豚肩ロースを丁寧にタコ糸で縛り、スープに1時間半ほど煮込み、その後、醤油ダレにいれてじっくり12時間も漬け込むというこだわり様。
鶏スープのラーメンは塩と醤油がメインで、鶏の頭に玉ねぎ、ニンニク、生姜、昆布と椎茸を入れて6時間じっくり弱火で煮込んだコクの深い清湯スープに仕上げており、こちらも手作りの鶏チャーシューがのっていてスープとの相性も抜群。
麺は豚骨ラーメンと同種の麺を製麺会社に特注した中太縮れ麺を使用している。
特に鶏スープの醤油は、長崎醤油とアゴ醤油をブレンドした醤油だれを使用し、北海道では味わえない一杯。
全ラーメンには、カリカリに炒った背油もアクセントとして入っていて、口直しに香ばしさも味わえる。

醤油ラーメン 700円

塩ラーメン 700円

高菜炒飯 650円
各ラーメン+ミニ高菜炒飯 250円

数量限定 チャーシュー丼 250円

トッピングメニュー 半熟煮玉子50円

トッピングメニュー 豚バラ肉チャーシュー4枚 200円

豚頭と背骨だけを使用した本格久留米よびもどしスープ
 
鶏スープ